医療法人社団緑成会 介護老人保健施設 横浜シルバープラザ
  • 045-972-7001
  • お問い合わせ
  • 施設紹介
  • 特徴
  • サービス内容
  • ご利用案内・料金
  • スタッフ紹介
  • ホーム
  • 広報誌ひろば
  • 行事案内
  • ボランティア
  • 職員募集
  • 交通アクセス
  • 関連施設

ご挨拶

 理事長 ご挨拶

理事長 平元 周

緑成会グループは21世紀の超高齢化社会を迎えて、「保健・医療・福祉のトータルサポート」を目指し、地域住民の方々より安心され満足される病院・施設づくりに真剣に取り組み、多様化する地域のニーズに応えて行きたいと考えております。

近年、医療技術の高度化、人口の高齢化、疾病構造の変化など様々な要因により保健・医療・福祉を取り巻く環境がめまぐるしく変化しています。そのような変化に対応すべく、当グループとしては、「介護老人保健施設横浜シルバープラザ(100床)」・「横浜総合病院(300床)」・「介護老人福祉施設緑の郷(100床)」相互間の有機的な連携の下、ご利用者・ご家族の希望を第一に考え、適切かつ幅広いサービスを提供することが重要な使命であると考えております。

今後も当施設が高齢者施設の拠点として、地域の皆様が住み慣れたこの地域で健康で幸せな生活が継続できるようお役に立ちたいと願っております。

 施設長 ご挨拶

施設長 鮫島 寛次

平成元年に神奈川県で最初の介護老人保健施設として開所した当施設は平成19年12月にユニット型として再出発をしました。介護施設の一つの理想形とされるユニット型として8年が経過したのであります。

高齢者にとって、家庭の中で家族と一緒に過ごせるのが一番よいことは当然であります。しかし、実際には若い人達はその家族、家庭を支えるだけで精一杯であり、お年寄りの世話をしたくてもできない現実があります。その解決として居宅に近い環境で、居宅に近い日常生活が送れることを目標に中間施設として提案されたのがユニット型施設であります。

当施設は1ユニットに14㎡の個室が10部屋あり、全部で10ユニットが稼動しています。各ユニットには食事などを楽しむリビング・ルームがあり、入居者によって個室で楽しむ人、リビング・ルームでお友達と談笑する人、他のユニットに出かけて交友関係を広げている人など様々ですが、それぞれに施設での生活を楽しんでおられます。またフロアーでのリハビリも充実しており、結果として機能回復して退所される方々が多いのであります。

利用者の平均年齢は88歳、最高は109歳で利用者の平均要介護度は3.35であります。ユニットは常時90%が稼動しています。この利用者をお世話するものには医師、相談員、看護師、介護士、リハビリ、薬剤師、栄養士と多職種が配置され常駐しています。介護士は45名、看護婦は15名を配置しています。看護師はあくまでも医療面の看護に、そして介護士はあくまでも介護と、職務をはっきり分けながら、この施設の職員の目標である“和“を共通語に、利用者に”やさしく“を目指しています。昨年の4月に国が在宅復帰を推進しろとの決定を出しました。そのために当施設は当初は30%の在宅復帰を目指し、現在は50%の強化型になっています。一方厚労省の指導である看取りに適応される方々が毎年10名前後おられます。この方々の多くは病院より施設での看取りを希望された方々であります。

本施設の最大の特徴は協力病院(横浜総合病院)と隣り合わせであり、どのような病状の変化にも直ちに対応できることにあります。その為もあり経管栄養(胃瘻)の方々も常時20名程度いらっしゃいます。

また本施設はレクリエーションも充実しています。新年会、春の遠足、端午の節句、映画の日、シルバー・ナイトクラブ、納涼祭(阿波踊りグループも参加している)、バザー&文化祭、クリスマス会などなど、の他に近隣小学校の運動会参加、近隣の学校で行われる各種展覧会鑑賞など盛り沢山であります。

これらを現実にし、安全に行われるために、年間約2000名以上のボランティアの応援をいただいています。このように周辺社会にも積極的に参加する催しがあり、これらは入居された皆さんが少しでも楽しい生活が送れるようにと職員一同がレクリエーション委員会を中心にいろいろなアイディアを出し合ったものであります。

当施設は医療法人社団緑成会に所属し、同施設内に通所リハビリ、訪問看護の部署を持ち、地域に広く活動しています。これから高齢化社会はますます底辺が広がります。このような社会の中でより高い、理想的な中間施設を当施設は目指しています。

ページトップへ戻る